--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-09

お袖なおし

アンティークキモノは袖が長いのが多い。
うそつき襦袢や、うそつき衿で対応してきたり。
単衣とか袷とかならまだそれでもいいかなと思ってたけど
絽や紗のキモノはやっぱり襦袢があるとないのとでは違う。
なんちゃって、浴衣風に着てみたりもできるんだけどね。

ということで、和裁に行った時に、先生に絽と紗のお袖の長さの調整の仕方を教えてもらいました。

現在一般的な袖の長さは、1尺3寸。

片袖だけ教えてもらったので、復習のためにあとは自宅でチクチク・・・。

和裁は奥が深い!

うん。われながら袖の丸みバッチリ!

絽の着物2枚の袖の長さを調整しました。


アンティークキモノの袖なおし


仕付け糸が、なんとなくお仕事した!って感じでしょ^^

単衣だからできるんだよねぇ・・・

これが袷の袖なら、そう簡単にはいかないな。。。

修行あるのみ。



木綿着物は、あと袖と衿をつけたら完成!
7月には着れそう!

楽しみです☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

misa*

Author:misa*
アンティークキモノがスキ。
ものづくりがスキ。
ネコがスキ。
自分磨きもがんばらないと。

友人と一緒に、ハンドメイド雑貨やアンティーク着物のお店『roiroi -open market-』を沢田マンションにオープン。
是非遊びにきてくださいね。







薬通販ベストくすり















補正と加圧のダブル効果!「加圧エクサパンツ」税込14,800円(メンズサイズもご用意!)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。